沿革

2003

8月 東京都港区赤坂において、米国製フォレンジックツールの輸入販売を事業目的とした株式会社Universal Business Incubatorsを、資本金1,000千円で設立

2004

4月 本社を東京都港区高輪三丁目25番27号に移転

6月 米国フォレンジックツール開発企業であるIntelligent Computer Solutions, Inc.及びAccess Data Corp.の2社より、フォレンジック関連ツールの日本国内における独占輸入販売権を取得

8月 商号を株式会社UBICに変更し、コンピュータフォレンジック専門企業となる

8月 フォレンジックツール販売開始

8月 本社を東京都港区港南二丁目4番7号に移転

11月 米国フォレンジックツール開発企業であるDigital Intelligence, Inc.より、フォレンジック関連ツールの日本国内における独占輸入販売権を取得

2005

4月 事業規模の拡大に伴い、本社を東京都港区港南二丁目12番23号に移転

5月 フォレンジック調査サービス、ディスカバリー支援サービス提供のために、フォレンジックラボを構築

6月 コンピュータフォレンジックサービス「コンピュータフォレンジック調査サービス・ディスカバリー(証拠開示)支援サービス」の提供開始

2007

6月 東京証券取引所マザーズへ上場

12月 UBIC North America,Inc.を設立

2009

3月 情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の国際標準規格である「ISO27001」(ISO/IEC 27001:2005)ならびに国内規格である「JIS Q 27001」(JIS Q 27001:2006)の認証取得

12月 世界初のアジア言語対応電子証拠開示ソフトウェア「Lit i View」をリリース

2010

8月 クレジットカードの不正調査に特化したPayment Card Forensics株式会社(現・連結子会社のP.C.F. FRONTEO株式会社)を設立

2011

4月 フォレンジック調査に伴うアナログ調査を行う株式会社UBICリスクコンサルティングを設立

10月 UBIC Taiwan, Inc.(現・FRONTEO Taiwan, Inc.)を設立

12月 UBIC Korea, Inc.(現・FRONTEO Korea, Inc.)を設立

2012

3月 自社開発の人工知能(後のKIBIT)をリリース

6月 知的財産の専門コンサルティング会社である株式会社UBICパテントパートナーズを設立

2013

1月 「Advanced Predictive Coding」機能が搭載された「Lit i View」バージョン6.0をリリース

5月 米国ナスダック市場へ上場

2014

8月 米国のeディスカバリ事業会社TechLaw Solutions, Inc.を買収、連結子会社化

2015

3月 当社を存続会社として、株式会社UBICリスクコンサルティングを吸収合併

4月 医療情報データ解析事業の株式会社UBIC MEDICALを設立(のちに連結子会社、株式会社FRONTEOヘルスケアに商号変更)

7月 米国のeディスカバリ事業会社EvD, Inc.を買収、連結子会社化(現・FRONTEO USA, Inc.)

9月 デジタルマーケティング事業のRappa株式会社を設立(のちに連結子会社、株式会社FRONTEOコミュニケーションズに商号変更)

10月 当社を存続会社として、株式会社UBICパテントパートナーズを吸収合併

11月 独自開発した、自然言語処理をベースとする人工知能「KIBIT」を発表

2016

7月 商号を「進歩的かつ先端的な価値創造集団」を意味する株式会社FRONTEOに変更

7月 株式会社UBIC MEDICALの商号を株式会社FRONTEOヘルスケアに変更

7月 Rappa株式会社の商号を株式会社FRONTEOコミュニケーションズ(’18年5月に当社を存続会社として吸収合併)に変更

7月 EvD, Inc.を存続会社として、UBIC North America, Inc.を吸収合併し、FRONTEO USA, Inc.を設立

7月 UBIC Korea, Inc.の商号をFRONTEO Korea, Inc.に変更

7月 UBIC Taiwan, Inc.の商号をFRONTEO Taiwan, Inc.に変更

2018

5月 当社を存続会社として、株式会社FRONTEOコミュニケーションズを吸収合併

5月 FRONTEOヘルスケア、ヘルスケア・インダストリーに特化した人工知能「Concept Encoder」の提供を本格化

5月 FRONTEOヘルスケア、人工知能「Concept Encoder」の特許を取得

7月 人工知能KIBITをベースとしたFAQシステム「KIBIT Find Answer」を提供開始

8月 FRONTEOヘルスケア、人工知能のアプリケーション「Concept Encoder Articles」の提供開始

11月 人工知能による特許調査・分析システムの進化版「Patent Explorer 19」の提供開始

11月 独自開発の人工知能エンジンを進化 次世代版「KIBIT G2」の提供を開始

11月 FRONTEOヘルスケア、人工知能「Concept Encoder」を活用した新規医薬品候補探査技術を開発

2019

1月 Payment Card Forensics株式会社の商号をP.C.F. FRONTEO株式会社に変更

3月 AIレビューツール「KIBIT Automator」をリリース

10月 当社を存続会社として、株式会社FRONTEOヘルスケアを吸収合併